ゴールデンレトリバー

(基本)ゴールデンレトリバーお散歩編:夏はどのくらい歩く?

ゴールデンレトリバーお散歩夏

ゴールデンレトリバーお散歩編:夏はどのくらい歩く?

どーも「えるパパ」です!

今回は、ゴールデンレトリバーのお散歩についてお話。ゴールデンレトリバーは大型犬で運動量も非常に多いです。そのため、極力散歩の時間は多めがいいです。また子犬はいつから散歩させるかも気になりますよね。この記事では、ゴールデンレトリバーの散歩量について紹介していきます。

ゴールデンレトリバーの散歩の量(時間)はご存知ですか?

お散歩時間

ゴールデンレトリバーお散歩夏02

ゴールデンレトリバーのお散歩時間はしっかりとろう!
ゴールデンレトリバーの被毛は、オーバーコートとアンダーコートの二重構造になっています。真夏でもダブルコート状態。そりゃ暑さが苦手ですよね。だからこそ、夏場は「早朝」と「夕方」にお散歩でかけることが大事。同時に、ゴールデンレトリバーは多くのお散歩が必要。お散歩コースも飽きない様に工夫して色んな道を通ってあげるといいです。

お散歩時間は、成犬と子犬で時間が異なるので気を付けましょう。以下は、「える」の場合のお散歩時間。ご参考までに。

「成犬」のお散歩の頻度と時間
・朝晩の毎日2回のお散歩が大事
・1回に1時間程度のお散歩が適切(3~5km程度)

「子犬」のお散歩の頻度と時間
・朝晩の毎日2回のお散歩
・1回に15分~30分程度のお散歩
※子犬の場合生後3か月以降に外出しましょう。免疫を付けてから!

「える」のお散歩

夏のお散歩は、極力アスファルトを避けた場所へお出かけしたいですね。十分な時間が取れるときは、芝生のある大きな公園に連れて行っています。足元が熱くてもこれなら安心して遊ばせることができます。Instagramの写真でお出かけした場所は、「舎人公園」です。芝生も多くてワンちゃんのお散歩にとても適しています。

夏のお散歩ポイント
・芝生のある公園を攻めよう
・広くて走り回ることができる場所を攻めよう

・おすすめのお散歩場所

https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index024.html

お散歩グッズ

・首輪
ワンちゃん必需品の首輪。長く使うので、予め品質の良いものを選んで使うといいですよ!
首輪

・リード
首輪とセットで必要なもの。こちらも同様、品質の良いものを選ぶといいですよ。

リード

 

・フードボール
お散歩のときは、ドッグフードを与えためでなく、水飲み用として利用しています。ペットボトルから直接与えるでもいいですが、ボールがあるとワンちゃんも飲みやすいですね。ちなみに、こちらのボールは100円ショップで購入したものです。

ボール

・ビニール袋
ウンチ袋やゴミが出た時など、多くの場面で利用することができます。お散歩グッズとして持ち歩くと便利なこと間違いなし。

・その他
「水ペットボトル」や「新聞紙」なども一緒にお散歩グッズとして備えておくと、排泄後のアフターケアとして利用できるのでおすすめです。

夏のお散歩に気を付けていること

お散歩準備

(お散歩準備万端の「える」さん)

夏のお散歩は、少し工夫がいります。無理をさせるとワンちゃんに怪我を負わせることにもなってしまいます。

夏の暑い時期は涼しい時間帯である「早朝」や「夕方」以降にお散歩に出かけのがいいです。散歩道のアスファルトが熱さには要注意です!場合によっては肉球が火傷してしまいます。実際にアスファルトを触って温度を確かめることも、飼い主さんのお仕事。夏のお散歩には細心の注意を払ってお出かけしましょう。

お散歩のマナーを気をつけよう!

散歩のマナーのなかでも、特に注意が必要なのが、排泄(うんち・おしっこ)に関すること。他人のお家の前にある電柱、商店街の店頭などで排尿させることは、マナー違反となります。十分に気を付けましょう。
ワンちゃんのおしっこは、道路脇にある側溝や排水溝周辺でさせること。そのあとで、持参したボトルなどの水で洗い流すといった気配りをするといいでしょう
排泄の問題は、愛犬との暮らしに社会全体から賛同が得られるかどうかの鍵ともなりえます。マナーとして、うんちは必ず持ち帰り自宅のゴミ箱で捨てましょう!人に不快な思いをさせないように心がけましょう!

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

今回は「ゴールデンレトリバーの夏のお散歩」についお話しました。夏のお散歩は飼い主さんも大変。だからことワンちゃんも注意を払わないといけないこともあります。涼しい時間帯を見計らって、お散歩にお出かけしましょう。

ワンちゃんは暑さが苦手。気を付けよう!by えるママ

それでは。「えるパパ」でした。また!

最後までお読みいただきありがとうございます